岡崎市の脱毛サロンが【光脱毛の痛みってどんな感じ?】についてお答えします。

こんにちわ、岡崎市で一番気軽に通える脱毛サロンを目指している【トリガー】のFUMIです。

 

今日はよく聞かれる質問ランキングを作ったら上位にランクインすることでしょう。光脱毛の痛みってどうなの?についてお答えしていこうと思います。

 

 

脱毛=どうしても痛みってイメージなんですかね?ただ、レディースの方だと周りに脱毛している人が多いので感想を聞けたりしますが、メンズの方だと脱毛が流行っているとはいえ、まだ周りでやってる人も少なくどうなんだろう?って言われたりします。

 

なので今から光脱毛の痛みについてツラツラお伝えしていくので、脱毛に通う前の参考にしていただけたら幸いです。

 

ただ、一点だけ。注意してほしいことがあります。

 

悲しみや喜びなどに個人差があるように痛みの感じ方も個々で違うので、あくまでも脱毛サロンに来てくれたお客様から聞いた感想をマイルドにしている程度って感じでお付き合いください。

僕もサロン側なので本当は言いたくはないのですが、生まれつき根が正直ものなのでハッキリ言いますね。

 

HPとか広告とかで脱毛の最中は全然痛くないって言ってるお店は過剰宣伝しています。だけど100%嘘でもない言い方です。ん?結局どっち?ってなりますけど、これは照射レベルを下げれば痛くありません。逆に照射レベルを上げれば、効果も上がるけど痛みの感じ方も上がります。

 

つまり痛くないレベルで打てば痛くないという事実を、大きく言っているだけと思ってください。現在、光脱毛の主流がSHRという照射方法なのですが、たしかに以前の照射方法から”すれば”痛くはありません。しかし、レベルをMAXで打てば熱いし痛みはきますから。

 

なので全然痛くないは嘘。施術中はほんのりあったかい感覚とか、施術するスタッフが下手くそだと、アチッ、イタッてなります。

これはあくまでも個人的な感想ですけど、女性のが痛みに感じにくいというか強い気がします。

 

実際に僕とYUNAで同じモード、同じレベルで照射したことがありました。そこで「え?痛くないよ?」っていう彼女。照射されるたびに「イタッ」って声が漏れる僕。

 

きっと、、、いや多分なんですが、女性は普段から保湿をしっかりやってて、さらには日焼け対策を日ごろからしてる差ではないかと。

 

これも感覚なのですが、当店に通ってくれている男性のお客さまでも、保湿してる人としてない人だと、照射レベルを上げた時に「痛っ」と声が漏れるのは、保湿をしてない人のほうが多い気がします。

よく脱毛サロンのスタッフが照射の痛みを説明するときは、親指と人差し指でゴムをもって反対の手で引っ張ってはじいた時の痛さに似てるといいます。僕もこの表現はよく使うけど、じゃあゴムを何センチぐらい引っ張ればいいの?って思ったあなた。個人的には1~2cmぐらいで弾いたときが、脱毛してるときの痛みに似てる気がします。

 

でも、これだと普通すぎて面白くないので、僕なりに他の表現をしてみますと。

 

人生の中で一回は健康診断をしたことがあると思いますが、その中で採血がありますよね?今どきの注射器の針って昔と違って小さくて、刺されても少しだけチクってする程度じゃないですか。まさにあのチクって感覚が似てるなって感じます。

 

とまぁ、どちらにしろ個人差はありますが光脱毛の痛みは思っていた以上に痛くなかったと、初めて脱毛したお客様からお言葉をいただくので安心してください。

ということで、今回はよく聞かれる質問の中から、光脱毛の痛みについて話してみましが、結論から言うと全然痛くないのは照射レベルが低いから。レベルを上げたらそれなりの痛みは感じるのでそれだけは頭の片隅にでもいいので覚えておいてほしいです。ただ、その痛みはきっとあなたが思っている以上にたいしたことないので安心してくださいね。

 

そして最後に痛みを和らげる方法がありますして、それは日ごろのから保湿を意識してみてください。保湿をして体内の水分量を少しでも多くしてあげることによって脱毛するときの痛みがだいぶ変わってきます。

 

それに水分量があったほうが毛が抜けやすいとも言われています。

 

ちょっと想像してください。雨も降らずにカチカチになった地面に生えている草。雨が降ってふわふわになっている地面に生えている草。はたしてどちらの草が抜けやすいと思いますか?

 

詳しい説明は言わずとも後者ですよね。これと同じことが脱毛でもいえるので、普段から保湿して肌のなかの水分量を溜めておくことで痛みもやわらいで毛も抜けすくなり、まさに一石二鳥です。

 

やるかやらないかはあなた次第ですが、ちょっとした努力が脱毛回数を減らすことにもつながるのでぜひぜひ実践してみてください。

 

それでは本日も最後までお付き合いしていただき、ありがとうございました。またブログやお店でお会いしましょう♪

 

PAGE TOP